FRNからのお知らせ

着物、浴衣、帯、和装小物などの寄付のお願い

ファイバーリサイクルネットワークでは、タンスで眠っている着物、浴衣、帯、和装小物など和服に関連したものの寄付を皆様方にお願いしています。


多少しみが付いていたり、ほころんだりしたものでも結構です。
宅急便または小包郵便でお送り下さい。
(お近くの方は、直接事務所の方にお持ちいただいても結構です)

なお、申し訳ありませんが、送料はご負担をお願いしています。(ボランティア活動で行っているので)

■送り先

ファイバーリサイクルネットワーク事務所
〒232-0017 横浜市南区宿町2-40 大和ビル101
Tel 045-710-6507(平日11:00~16:30)
詳しくは電話にてご確認下さい。


一昔前迄は着物というのは貴重品で、大切にメンテナンスし、使われていました。しかし、今では着る機会が少なくなり、成人式、結婚式、お茶の会、盆踊りくらいになりました。

また、着物地を使った洋服、バッグ、アクセサリなど着物地の良さを活用したリフォームやリユースと言った面でも注目を浴びるようになっています。

着物は、親が心を込めて作ってくれたもの、家族の記念日に作ったもの、大切な人の形見の品など、思い入れのあるものが多く、簡単に捨てることができず、あまり袖を通す機会が少なくなっても大切に箪笥の中に保管されています。

そこで、ファイバーリサイクルネットワークでは、箪笥の中で眠っている昔の着物を広く皆さんから寄付していただき、再利用していただくための活動を行っています。


・集まったものを手入れし、傷みのひどいものは端布にして、春と秋に開催するリサイクルきものフェアで再利用をしたい方にお分けしています。
・着物地を使って洋服やアクセサリーを作ったり、裂き布ぞうりを作るなどの講習会を開催し、リメイクの啓蒙を行っています。
イベントや地域の催し物に参加してリサイクルの啓蒙活動を行っています。

リサイクルきものフェアで得られた売り上げの一部はNGO支援や国内外の被災地の支援を行っています。